ものづくりニュース by aperza

Yocto 2.0対応、産業機器向け機能を強化した「Mentor Em...

2016/10/31 IT media

Yocto 2.0対応、産業機器向け機能を強化した「Mentor Embedded Linux」最新版 ([MONOist])

 メンター・グラフィックスは2016年2月10日、Mentor Embedded Linuxの最新版を発表した。Yocto Project 2.0に対応し、セキュリティの強化や産業機器向けプロトコルのサポートが追加されている。

 セキュリティ面では産業用デバイスで利用されるAchilles通信認証(Communications Certification Level1/Level2)をサポートし、悪意ある操作からデータとプロセスへのアクセスを保護するカーネルモジュール「SMACK(Simplified Mandatory Access Control Kernel)」も追加されている。

 産業機器向けプロトコルとしてはCANopen、IEEE 1588 Precision Time Protocol、BACNetが追加され、6LoWPANやMQTT、XMPP、CoAPといったIoT機器での採用が見込まれる通信プロトコル/規格のサポートも追加されている。加えてYocto 2.0の対応(サポートコンポーネントはGCC 5.2とToaster)、IDEのSourcery CodeBench IDEの拡張なども行われている。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/