『時間』の記事一覧 : 537件

 「上鳥羽水素ステーション」は、水素を供給する設備を搭載したトレーラーを専用スペースに駐車して水素を燃料電池自動車に販売する移動式ステーションだ(図1)。都市ガスから水素を製造する装置「HYSERVE-300」を設置して...

 Nokia(ノキア)の日本法人であるノキアソリューションズ&ネットワークスは、スペイン・バルセロナで始まったMobile World Congress 2016(以下、MWC 2016/会期:2016年2月22〜25日...

 オムロンは2016年2月15日、血行を促進する温熱治療と凝りや痛みを緩和する低周波治療の両方ができる温熱低周波治療器「HV-F320」と、強い凝りや痛みを緩和する「HV-F311」を発売した。  今回発売されたHV-F...

 三菱電機は2016年2月、車載機器や産業ロボットなど組み込み機器に搭載できる「コンパクトな人工知能」を開発したと発表した。演算量を従来の10分の1に削減しても、従来と同等の推論結果が得られる機械学習アルゴリズムを新たに...

 デンソーとNTTドコモは2016年2月22日、LTEや次世代通信技術である5Gを用いた高度運転支援および自動運転技術の研究開発で協力すると発表した。  今回の研究開発では、デンソーがこれまで培った車両制御技術のノウハウ...

 世界に先駆けて「水素グリッドプロジェクト」を推進中の関西国際空港に、新タイプの燃料電池フォークリフト2台を3月に配備する(図1)。豊田自動織機が開発した実用化モデルの試作車両で、最大の特徴はトヨタ自動車の「MIRAI」...

 トヨタ自動車は2016年2月18日、レクサスブランドのフラッグシップハイブリッドクーペ「LC500h」への搭載を予定している、新開発のハイブリッドシステム「マルチステージハイブリッドシステム」について発表した。LC50...

エリクソン・ジャパン CTO(最高技術責任者)の藤岡雅宣氏  「Mobile World Congress 2016」(2016年2月22〜25日)が、スペイン バルセロナで間もなく開催される。  スウェーデンのEric...

「世界初」の実証実験  実証実験は、WiGig対応のミリ波アクセスポイントを用いたWiGigスポットを成田空港内に設置して行われる。WiGigとは、IEEE802.11ad規格をベースとした60GHz帯を用いる無線LAN...

 岩谷産業とセブン‐イレブン・ジャパンは、国内で初めてコンビニエンスストア併設の水素ステーションをこのほど東京都大田区池上と愛知県刈谷市にオープンした。  「イワタニ水素ステーション東京池上」はセブン-イレブン大田区池上...

 アナログ・デバイセズは2016年2月17日、東京都内で開催した2016年度事業戦略説明会において、同社が独自に開発した車載オーディオバス規格「A2B(Automotive Audio Bus)」についてアピールした。 ...

 三菱電機は2016年2月17日、研究開発成果披露会を開催。その中で新たな技術として「次世代ものづくり検証技術」を紹介した。「次世代ものづくり検証技術」は生産ライン構築時に仮想空間上で不具合を起こし、その復旧方法などを織...

40 / 45<<...102030...3839404142... >>