『接続』の記事一覧 : 247件

 ロームが開発した無線通信モジュールは、スマートメーターで標準的に使われている通信方式の「Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)」に対応している(図1)。スマートメーターから家庭内の...

 2012年に開始された固定価格買取制度(FIT)により、太陽光発電の普及数は大幅に伸びた。しかし、ここで問題になっているのが、FITによる認定は取得したものの、実際に発電所の運転が開始されていない「未稼働案件」の存在で...

 ソフトバンクグループで再生可能エネルギー事業を手掛けるSBエナジーは2016年7月 25日、経済産業省の「バーチャルパワープラント構築実証事業」における「バーチャルパワープラント構築事業」の間接補助事業者に採択されたと...

3つの品目以外、全てが前年割れ  電子情報技術産業協会(JEITA)は、2016年5月の日系メーカーによる電子部品の世界出荷額を発表した。それによると、出荷額は前年比7.9%減の2900億円となった。2015年12月から...

 政府は2017年度に実施する「改正FIT法」(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法等の一部を改正する法律)に先立って、2016年8月1日から太陽光発電設備の認定ルールを変更した。新ルールでは8...

トヨタ自動車の大倉守彦氏  EtherCATの推進団体であるEtherCAT Technology Group(ETG)は2016年7月22日、横浜市内で「第10回ETG日本メンバミーティング」を開催した。同イベントでは...

 インターネットイニシアティブは2016年7月19日、各種デバイスのセンサー情報の収集から蓄積・可視化、制御・管理の自動化まで、IoT(モノのインターネット)システムに必要な機能を一体化し、クラウド上の共通プラットフォー...

 東京電力ホールディングスが2016年度の第1四半期(4-6月期)の決算を公表した。4月1日に持株会社と3つの事業会社に分社して初めての決算で注目を集めたが、想像以上に厳しい結果になった。  売上高は1兆2649億円で、...

EtherCATスレーブ機器の開発期間を短縮  ルネサス エレクトロニクスは2016年7月、産業用イーサネット「EtherCAT」に対応した通信用LSI「EC-1」を開発、サンプル出荷を始めた。EtherCAT専用にした...

 福岡市の西部にある「蓮花寺池(れんげじいけ)」で7月20日に太陽光発電が始まった。池の水面のうち3400平方メートルを利用して、合計1200枚の太陽光パネルをフロートの上に搭載した(図1)。全体の発電能力は300kW(...

 紙の生成工程では多くの木質系の廃棄物が生まれる。これらの多くはバイオマス発電に利用可能なものである。大王製紙では以前から、同社の三島工場(愛媛県四国中央市)でクラフトパルプ製造工程で発生するパルプ廃液(黒液)を黒液回収...

ロボットを途切れなく遠隔制御  情報通信研究機構(NICT)と産業技術総合研究所(産総研)の研究グループは2016年7月25日、制御用の電波が届かない場所(見通し外)にあるロボットを他のロボットを経由して遠隔制御し、その...

6 / 21<<...45678...20... >>