JPCA Show 2019「2019 プリント配線板技術展(PWB ...

JPCA Show 2019「2019 プリント配線板技術展(PWB Tech)」見どころや出展社一覧をいち早くお届け

2019年6月5日(水)〜7日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催予定の「JPCA Show 2019(第49回国際電子回路産業展)」。

あらゆる電子・情報通信機器に使用される電子回路(電子基板・電子実装、専門加工)、電子回路製造機械・装置、およびプロセス材料に関する技術と情報の交流をはかり、電子回路産業の発展に寄与することを目的とした総合展示会で、以下の4つの展示会から構成されます。

  • 2019 プリント配線板技術展(PWB Tech)
  • 2019 半導体パッケージング・部品内蔵技術展
  • フレキシブルプリント配線板製品出展エリア
  • 2019 機器・半導体受託生産システム展

今回は国内外520社が出展、51,000人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。

本ページでは、この4展示会の中から「2019 プリント配線板技術展(PWB Tech)」にスポットを当て、概要をお届けします。会期中には、展示会速報取材レポートを公開予定! ぜひチェックしてください。

前回はどんな製品や技術が出展された? アペルザカタログが提供する展示会レポートやカタログをチェック!

製造業向けカタログポータル アペルザ カタログでは、展示会終了後に最新技術や業界トレンドをお伝えする展示会取材レポートや、出展企業のカタログをまとめてご覧いただけます。

現在、2019年1月16日(水)~2019年1月18日(金)に東京ビッグサイトで開催された「第20回 プリント配線板 EXPO(PWB 2019)」の特集ページを公開中!出展企業のカタログと展示会レポートをダウンロードいただけます。ぜひ情報収集にご活用ください!

第20回 プリント配線板 EXPO(PWB 2019)

https://www.aperza.com/feature2/625

開催概要:「2019 プリント配線板技術展(PWB Tech)」

  • 名称:2019 プリント配線板技術展(PWB Tech)
  • 会期:2019年6月5日(水)〜7日(金)
  • 会場:東京ビッグサイト
  • 主催:一般社団法人 日本電子回路工業会(JPCA)
  • 入場料:1,000円(税込) ※招待券持参者及びインターネットでの事前登録者は無料

http://www.jpcashow.com/show2019/index.html

出展製品

製品

片面・両面・多層プリント配線板、フレキシブルプリント配線板、ビルドアップ配線板、フレックスリジッド配線板、セラミックス配線板、金属ベース(銅・アルミ等)プリント配線板、その他のプリント配線板、関連書籍等

設計技術

機能設計(要求機能を満たす回路設計)技術、論理設計(回路図作成)技術、部品配置設計・部品表、パターン設計、レイアウト設計、構造設計、各種(上記技術)設計支援ツール、シグナルインテグリティ設計支援ツール、パワーインテグリティ設計支援ツール、電磁界解析(EMC / EMI/SI対策)、電気・機械・熱特性シミュレータ、CAD・CAM・CIM等CAE支援装置等

信頼性・検査技術

検査・評価受託サービス、各種検査装置、各種試験装置、評価・分析システム、検査冶具等

主材料

リジッド銅張積層板(CCL)、フレキシブル銅張積層板(FCCL)、シールド板、多層プリント配線板用プリプレグ、接着剤付き銅箔、セラミックス基板材料、銅・アルミ基板材料、特殊基板材料、各種絶縁材料、ソルダーマスク材料等

プロセス技術・資機材

めっきプロセス、金型製造、穴あけプロセス、製版、めっき薬品、表面処理薬剤、エッチング薬品、各種インク、各種ペースト、各種工具、ドライフィルムレジスト等

製造装置

化学処理装置、写真露光装置、機械加工装置、搬送装置、コーティング装置、研磨装置、プラズマ加工装置、レーザ加工装置、印刷装置等

環境システム

水質汚濁防止システム、廃棄物・廃液処理、温暖化防止システム、大気汚染防止システム、土壌汚染対策装置、騒音防止システム省エネ・CO2削減ソリューション、熱利用技術(熱交換器/廃熱利用システム/蓄熱システムなど)等

物流システム

搬送・梱包・包装機器、エンボスキャリア、トレイ、チューブ、内外装箱、ロジスティクスシステム、輸送システム、貿易管理サービス、調達・委託生産、受発注システム、図面管理・文書管理システム、セキュリティ、在庫管理システム、トレーサビリティ管理、倉庫管理システム、知的財産管理システム、ITソリューション等

出展企業一覧

2019年4月公開予定


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。