ものづくりニュース by aperza

Bluetooth 5、2Mbpsで100m、125Kbpsなら400...

Bluetooth 5、2Mbpsで100m、125Kbpsなら400m (竹本達哉,[EE Times Japan])

近くメッシュ機能もリリースへ

 Bluetoothの規格策定団体Bluetooth Special Interest Group(SIG)のエグゼクティブディレクターを務めるマーク・パウエル氏は2016年6月17日、EE Times Japanのインタビュー取材に応じ、米国時間6月16日に発表した次期バージョン「Bluetooth 5」の詳細を明らかにした。

 Bluetooth 5は、2016年末〜2017年初めにリリースする次期バージョン。従来のBluetooth 4.2と比べ、通信速度2倍、通信距離4倍、ブロードキャスト通信の容量が8倍になるとしている。

送信出力100mW、125Kbpsで400m対応

 パウエル氏は、Bluetooth 5の通信モードは、2Mビット/秒(bps)モード、1Mbpsモード、125Kbpsモードの3種類があるとし、2Mbps、1Mbpsの両モードについては、通信距離(送信出力100mW時)は「従来と同じ最大100mになる」とし「1Mbpsモードは従来バージョンとの後方互換のために設けた」とした。

 125Kbpsのモードについては、従来比4倍となる「(送信出力100mWで)最大400mまで通信できる」という。

 通信範囲の拡大に向けては、Bluetooth 5とは別に、Bluetooth 4.2などでも利用できるメッシュ機能を「近く、リリースする」とし、「Bluetooth 5とメッシュ機能で、1軒の家をくまなくカバーできるようになり、スマートホームを実現する端末にBluetoothがより利用しやすくなる」と語った。

 消費電力については、「これまでと同等程度になる見込みで、2Mbpsの高速モードを使用することで、同一データ量であれば、通信時間が短時間になるため、結果として低消費電力になる」とした。

255文字対応でペアリングレスビーコンも

 ビーコンなどの用途向けのブロードキャスト通信機能における容量拡大については、「従来は、31文字分の容量に限られたが、Bluetooth 5では、255文字分に拡張され、URLを送信できるようになる。そのため、Webサイトを使用した認証なども行えるようになるため、ペアリングなしのビーコンが可能になる」と話した。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/