スマートファクトリーJapan 2018(Smart Factory ...

スマートファクトリーJapan 2018(Smart Factory Japan 2018)見どころや出展社一覧をいち早くお届け

「スマートファクトリーJapan」は、製造工場においてスマートファクトリーの実現に欠かすことができない「IoT」「インダストリー4.0」を搭載した情報管理システムをはじめ、製造設備・装置、その他、生産工場に関する技術・製品が一堂に集まる展示会です。昨年は40,072名が来場し、大盛況のうちに幕を閉じました。

「スマートファクトリーJapan 2018(Smart Factory Japan 2018)」は、2018年5月30日〜6月1日の3日間、東京ビッグサイトで開催されます。今年は150以上の企業や団体の出展が予定されており、2018年注目の展示会のひとつです。

本ページでは特に、各種製造メーカー、生産・品質管理、生産技術、保全管理といった製造業の技術者に向けてスマートファクトリーJapan 2018(Smart Factory Japan 2018)の見どころや概要をお届けします。

 

初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください!

初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください! 初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください!

生産現場に近いテーマが中心の展示会!「スマートファクトリーJapan 2018(Smart Factory Japan 2018)」の見どころは?

スマートファクトリーJapan2018では、製造工場においてスマートファクトリーを実現するうえで、欠かすことのできない「IoT」や「インダストリー4.0」を搭載した情報管理システムをはじめ、製造設備・装置、その他、生産工場に関する技術・製品が展示されます。

出展社・団体数は約150と、コンパクトな展示会ですが、中小製造業や、中堅・大規模製造業でも現場よりの方々にとって分かりやすい個別ソリューションや技術の展示が中心となっています。

他の「IoT」や「インダストリー4.0」をテーマにした展示会では、数十万から数百万円で出来る現場レベルの見える化や画像検査などのポイントソリューション(単機能の個別ソリューション)から、最低でも数千万円かかる工場外の設計開発、生産管理システムとの連携、大規模なIoTプラットフォームなどが混在しており、中小・中堅製造業が混乱しがち、話を聞いて予算感のギャップの大きさに驚かされることが多くありました。

「スマートファクトリーJapan2018」製造現場に近いテーマを中心とした展示会として、中小・中堅製造業の方や大企業でも製造現場の改善アイデアを探している方はぜひ、来場ください。

初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください!

前回「スマートファクトリーJapan 2017(Smart Factory Japan 2017)」の様子をチェック!

製造業向けカタログポータル Aperza Catalog(アペルザ カタログ)では、展示会終了後に最新技術や業界トレンドをお伝えする展示会取材レポートや、出展企業のカタログをまとめてご覧いただけます! ぜひ情報収集にご活用ください。

“スマートファトリー”を実現するための生産管理システム、設備・装置、技術が集まる「スマートファクトリーJapan」。出展企業のカタログと展示会レポートをお届けします。

展示会初日には取材レポートを公開予定!

初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください!

初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください!

スマートファクトリーJapan 2018(Smart Factory Japan 2018)開催概要

名称
スマートファクトリーJapan 2018 (英語表記:Smart Factory Japan 2018)

公式サイト
http://biz.nikkan.co.jp/eve/smart-factory/

会期
2018年5月30日(水)〜6月1日(金)

開催時間
10:00〜17:00

会場
東京国際展示場(東京ビッグサイト) 東ホール

主催
日刊工業新聞社

特別協力
一般社団法人 インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)、特定非営利活動法人 自動化推進協会

後援
内閣府 総務省 経済産業省 日本貿易振興機構(ジェトロ)(申請予定先、法人格略)

協賛
日本機械工業連合会 日本ロボット工業会 日本鍛圧機械工業会 日本精密機械工業会 日本工作機械工業会 日本食品機械工業会 日本包装機械工業会 日本自動車部品工業会 日本産業機械工業会 日本電気制御機器工業会 東京工業団体連合会 人工知能学会(法人格略)

入場料
1,000円(事前登録者、招待券持参者・中学生以下は無料)

併催事業
特別講演 出展者セミナー など

 

初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください!

初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください!

出展製品

情報管理システム

受注管理システム、物流管理システム、生産管理システム(組立て加工・プロセス製造)、ERP 品質管理ソリューション、在庫管理システム、生産計画ソリューション、スケジューラ、モニタリングシステム、PLM工程管理、AR/VR/MRなど

製造設備・装置

ネットワーク対応型産業機械・ロボット、FA機器・システム、制御機器(スイッチ、センサ)、検査・測定機器、CAD/CAM、CAE、保管機器・搬送システム、ピッキング装置、産業車輌(フォークリフト、無人搬送)、生産ライン設計、その他関連装置・部品

通信機器・システム

ネットワーク対応型産業機械・ロボット、FA機器・システム、制御機器(スイッチ、センサ)、検査・測定機器、CAD/CAM、CAE、保管機器・搬送システム、ピッキング装置、産業車輌(フォークリフト、無人搬送)、生産ライン設計、その他関連装置・部品

通信機器・システム

無線通信機器・モジュール、センサネットワーク、測定機器、ゲートウェイ、SDNシステム

工場内エネルギー

省エネシステム(FEMS、BEMS)、自然エネルギー(太陽光・風力など)発電設備・機器、コジェネレーション設備、PPS、その他関連機器・部品

リスク対策

停電・節電対策、情報セキュリティシステム、セキュリティ設備、落下・転倒防止、防爆関連、予兆管理・予知保全、予防保全、BCP(事前継続計画)、工場内メンテナンス装置・機器

開発支援・コンサルティング

製造工程や部品管理に関するシステム設計・開発、IoTの製品開発に用いる電子部品や通信モジュール、EMSなどの製造受託、コンサルティング

初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください!

出展企業・団体一覧

スマートファクトリーJapan

IHI回転機械エンジニアリング、ifm efectorアペルザ オートメーション新聞社インプローブSBクリエイティブ、エヌアイデイ、エヌエスティ・グローバリストNTTデータ関西、エレクトレット環境発電アライアンス(小西安)、ORiN協議会、高圧ガス工業、サンアドバンス、C&Gシステムズ、JIG-SAW、Litmus Automation Japan、シスウェーブ自動化推進協会、潤滑通信社、昭和飛行機工業シンフォニアテクノロジー西華産業ちきたくテクノア東計電算、トッパン・フォームズ、日本機械工業連合会、日本能率協会コンサルティング、日本バイナリ―日本部品供給装置工業会ネクステップ・ソリューションズ、ビーエスティー、枚岡合金工具、ネクストサイエンス、工場網信息科技(上海)有限会社、ミツイワ、東京センチュリー、バイナス、緑屋情報システムムラテック情報システム、全日本プラスチック製品工業連合会、メイコーテクノ、和光電研、World Robot Summit

IoT・AI Innovation ゾーン

ITコーディネータ協会、アプトス、アマダホールディングス、アメリカ州政府協会(ASOA)、アイオワ州/ネブラスカ州/ミシシッピ州/テネシー州、ウフル、N3N、NTTデータエンタープライズ・アプリケーション・サービス、キッズウェイ、キヤノンITソリューションズ、コネクシオ、さきラボ、ゼネテックソディック、地方版IoT推進ラボ、椿本チエインテクノツリー、東芝情報システム、トビー・テクノロジー、日本ストラタステクノロジー、ビープラッツ、ファナック、マスプロ電工、MONTRONIX

スマートファクトリーを支える防災産業ゾーン

本田技研工業

サービスロボット・メカトロゾーン

アール・アイ、アイエスシー青山精工、アサイ・エンジニアリング、エクストコム、小川優機製作所、開明製作所、神奈川県立産業技術総合研究所、かながわ産学公連携推進協議会、川崎信用金庫、かわさきロボット競技大会、協栄プリント技研グリーンテクノ工苑、相模通信工業、昇和エレクトロニクス、女子美術大学/東京理科大学 共同プロジェクト、信和精工、スリーハイ、横浜もの・まち・ひとづくり、生活支援ロボット技術交流事業実行委員会、Sensor&Network、相互電機DFG JAPANテクトレージテセラ・テクノロジー、M.T.C、東信電気、東洋電源機器、ナガオシステムネットワーク・コーポレーション、服部板金工業、藤沢商工会議所 工業部会、サイマコーポレーション、高井精器、日電工業、モールドテック、MEMOテクノス、横浜電子、よこはまファクトリー、レボックス

展示会初日には取材レポートを公開予定!

初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください!

初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください! 初日2018年5月30日には、展示会速報レポートも公開予定です。ご希望の方にはメールでお届けするので、ぜひご予約ください!

ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。