5月18日:18リットル缶の日

5月18日:18リットル缶の日

5月18日は、18リットル缶の日です。

従来「5カロン缶」と呼ばれていた缶が「18リットル缶」に名称が統一されたことを記念し、5ガロンの5、18リットルの18にちなんで制定されました。

石油缶や一斗缶などとも呼ばれる「18リットル缶」は、スチール製。無味無臭で食品から劇薬までに対応するほか、強度、作業性、輸送保管性、密封性、遮光性、耐水耐熱性、リサイクル性などにも優れ、さまざまなシーンで重宝されています。

ちなみに隙間なく積み上げられることから“四角”を採用。容量が18リットルである理由は、「人が運べる最大容量だから」だそうです。

 

参考:全国18リットル缶工業組合連合会


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。