7月5日:江戸切子の日

7月5日:江戸切子の日

7月5日は、江戸切子の日です。江戸切子の模様である「魚子(ななこ)」にちなんで江戸切子協働組合が制定しました。

透明のガラスに色ガラスを重ね、文様や色の美しさを楽しむ「江戸切子」は、現存する貴重な江戸時代の伝統工芸品。1834年にビードロ屋の加賀屋久兵衛が、金剛砂を使ってガラスの表面に彫刻を施したのが始まりと言われています。

刻まれるのは麻の葉文、魚子文、矢来文といった、着物に使われるような和の文様ばかり。もちろん高度な職人技が要求されます。

本日はそんな江戸切子の製作工程を収めた動画をご紹介します。

 

参考:「伝統工芸・ガラス工芸品の【江戸切子】公式サイト」江戸切子協同組合


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。