7月13日:日本標準時制定記念日

7月13日:日本標準時制定記念日

7月13日は、日本標準時制定記念日です。1886年7月12日に勅令第51号「本初子午線経度計算方及標準時ノ件」が発布、7月13日に公布されたことにちなんで制定されました。

勅令第51号「本初子午線経度計算方及標準時ノ件」は、日本の標準時の基準となる子午線を東経135度の経線にすると定めたもの。それまでは日本国内においても例えば京都と東京の間には17分、東京と北海道の間には1時間といったように時差が存在していました。

日本国内の時差をなくすことになった背景には、1884年にアメリカで開催された「本初子午線並計時決万国公会」での決議があります。同会議では、イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線を世界中の経度と時刻の基準とする本初子午線とし、そこから経度が15度ずれるごとに1時間の時差を設け、世界各国で使用することが決定されました。

日本標準時子午線上にある京都府、兵庫県、和歌山県には、明石市立天文科学館をはじめ、さまざまな標識やモニュメントが設置されています。

 

参考:「世界時と日本標準時」明石市立天文科学館


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。