7月11日:国産旅客機「YS-11」が完成した日

7月11日:国産旅客機「YS-11」が完成した日

1962年の今日、日本で初めての国産旅客機「YS-11」が完成しました。

「YS-11」は、日本航空機製造が開発したターボプロップ旅客機。1954年に開発計画がもちあがり、1962年に試作機の初飛行を実施。1965年3月より全日空にて運航が開始されました。

設計には零式艦上戦闘機などを開発した設計士たちが携わり、製造を下記の部品メーカーが担当。最終組立ては新三菱重工(現在の三菱重工業)がおこないました。

川崎航空機(現在:川崎重工業):主翼、エンジンナセル
富士重工業:機首、圧力隔壁、垂直尾翼、水平尾翼
新明和工業:後部胴体、翼端、ドーサルフィン
日本飛行機:床板、補助翼、フラップ
昭和飛行機工業:操縦席、主翼前縁
住友精密工業:降着装置

軍用機の設計に携わっていた設計士たちが手がけたことから、機体が頑丈な点が特長。総飛行時間、総飛行回数において優れた記録を持ち、高い定時出発率を誇っていたといいます。

その一方で騒音や振動が大きいなど、民間機に必要とされる“快適性”の面で弱点を抱えていたそう。何度も改修をかさねることで日本国内外で長く活躍する旅客機になったといいます。


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。