ものづくりニュース by aperza

6月8日:成層圏発見の日

6月8日:成層圏発見の日

1902年の今日、フランスの気象学者レオン・ティスラン・ド・ボールが成層圏を発見しました。

「成層圏」とは、私たちが生活している地上から10km程度の「対流圏」と呼ばれる空気の層のさらに上の層のこと。地上から10km〜50kmほどで、雲がないのでいつも晴れています。

ティスランは当時、“無人観測気球”を使った実験をおこなっていました。その実験の中で、地上11kmまでは高度が上がるのに比例して気温が低下、その高度を超えると温度が一定になる。つまり、大気の層が2つの層に分かれていることに気づいたのだそう。そうして「対流圏」と「成層圏」が誕生しました。


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。