ものづくりニュース by aperza

6月7日:商標制度が始まった日

6月7日:商標制度が始まった日

1884年の今日、日本において商標の制度がはじまりました。

商標とは、その商品をつくったのは誰か、提供しているのは誰なのかを表すマークのこと。商標法には、

この法律は、商標を保護することにより、商標の使用をする者の業務上の信用の維持を図り、もつて産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護することを目的とする

とあります。

出典:「商標法」特許庁

特許庁に申請手続きをおこない、登録が認められた商標については他社は使えなくなります。たとえば接着剤。「アロンアルファ」や「セメダイン」「ボンド」などと商標で呼んでしまいがちですが、それぞれ瞬間接着剤、接着剤などと言い換えなければなりません。


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。