ものづくりニュース by aperza

6月22日:ボウリングの日

6月22日:ボウリングの日

6月22日は、ボウリングの日です。江戸時代に長崎に初めてボウリングが伝わったことを記念して、1972年に日本ボウリング場協会が制定しました。

ボウリングに欠かせない「球」ですが、指用の穴をあけるために重心をずらしているそう。またボウリングの球は直進構造ですが、重心をずらすことで曲がりやすくなったり、球の中心に「ウェイトブロック」と呼ばれる特殊な核を入れることで曲がりに個性を出すこともできるといいます。

ボールの素材は樹脂やウレタン、リアクティブウレタンなどさまざま。プレイヤーのレベルに応じて使い分けるそうです。ちなみに先ほどの「ウェイトブロック」のまわりに樹脂を流し込み、さらにその周囲を樹脂でカバーしたタイプのボウリングの球のことを「皮付きボール」と呼ぶのだそう。その「皮付きボール」の製作工程がまとめられた動画を紹介します!

参考:『(88)ボウリングの球ができるまで』サイエンスチャンネル


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。