ものづくりニュース by aperza

6月17日:マックス・クノールの誕生日

6月17日:マックス・クノールの誕生日

6月17日は、マックス・クノールの誕生日です(1897年)。マックス・クノールはドイツの電気技術者で、物理学者のエルンスト・ルスカとともに電子顕微鏡を開発しました。

電子顕微鏡は通常の顕微鏡(光学顕微鏡)のように観察対象物に“光”をあてるのではなく、“電子線”をあてて拡大する顕微鏡のこと。いちばん最初の電子顕微鏡は、上のふたりによって1932年に誕生しました。

光学顕微鏡の分解能が10μmであるのに対し、電子顕微鏡は1nm。分解能が非常に高いことから、物理や化学、生物、医学など幅広い分野で活用されています。


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。