5月31日:古材の日

5月31日:古材の日

5月31日は、古材の日です。古材をつかった住宅のリフォームを手がける株式会社アステティックスジャパンが、古材の魅力を伝え、有効利用を考える日として531(コザイ)にちなんで制定しました。

ところで古材とは、

戦前の日本では、その地で採れた良質の木材が建築に使われてきました。
しかし戦後の建設ブームで安い強制乾燥材や外国の安価な木材が多く使われるようになってしまいました。
長い時間を掛けて自然乾燥した国産の木材はほとんど使われなくなってしまったのです。
そのため、「古材は昭和25年以前に建てられた建築物に用いられた木材」というラインを定めました。

すなわち「古材」とは

築50年以上経った伝統構法並びに在来工法の建物に用いられた国産木材

と定義しております。

出典:「古材とは」一般社団法人 古民家再生協会東京

古材は長い時間をかけて自然乾燥することで強度を増していく「天然乾燥材」。新材よりも強度に優れるそうです。またその魅力は、黒ずんだ肌、経年変化による傷や割れ、大工さんが刻んだノミの跡など、新材では出せない風合いや迫力にあるといいます。

古材の日を制定した株式会社アステティックスジャパンのサイトでは、施工事例も多数紹介されています。
アステティックスジャパン


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。