ものづくりニュース by aperza

立体造形物にAR情報を付加して提供する3Dプリントサービスを開始 ([...

2016/11/1 IT media

立体造形物にAR情報を付加して提供する3Dプリントサービスを開始 ([MONOist])

 アーク情報システムは2016年8月1日、3Dプリンタから立体造形物を出力し、AR(拡張現実)情報を付加して納品するサービス「モケイプラス」の提供を開始した。

 同サービスでは、Stratasys製の3Dプリンタ「Objet Eden 260S3D」を使用して造形物を出力し、同社内でAR情報を付加する。AR表示は、iPhoneやiPadなどのモバイル端末で閲覧が可能(Android端末への対応は未定)。1つの立体造形物に対し、複数の端末で同時に異なるAR表示を付加することもできる。

 サービスの利用申し込みは専用サイトからとなり、CADデータとメタデータをインターネットでアップロードする。料金は造形物のプリントに要する樹脂量によって異なり、樹脂使用量150gの立体造形物では、出力費用は3万7500円(税別)となる。AR情報付加サービスは1カ月1000円(税別)からで、閲覧期間に応じて加算される。

 同社では、製造業やARを融合した展示物を検討中の博物館、立体造形物を教材として活用したい教育機関などを対象に普及を目指す。また今後、3Dスキャンサービスによる3Dモデルデータの作成なども計画している。




製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/