ものづくりニュース by aperza

機械設備を簡単にIoT化しモニタリングできるソリューションを連携 ([...

2016/11/1 IT media

機械設備を簡単にIoT化しモニタリングできるソリューションを連携 ([MONOist])

 ウイングアーク1stは2016年7月21日、同社の情報活用ダッシュボード「MotionBoard」とシムトップスの「MC-Web CONTROLLER」の新バージョンを連携すると発表した。

 シムトップスのMC-Web CONTROLLERは、機械設備の稼働・進捗を管理するシステム。新バージョンでは、ネットワークにつながらない旧式の機械設備でも、大きな投資や生産停止を伴う工事をすることなくネットワークに簡単に接続し、詳細な稼働情報を取得できるようになる。

 メーカー、機械、機種を問わず、利用者自身で取り付け可能で、設備の入れ替えや移動があっても簡単に付け替えできる。また、従来のポーリング方式での稼働情報取得とは異なり、事象発生時のみ情報取得が可能で、かつ事象の抜けがなく正確にデータを収集できることが特長だ。

 ウイングアーク1stのMotionBoardは、豊かなチャート表現によりさまざまな情報を可視化でき、ノンプログラミングで分析環境を構築できるダッシュボードだ。最新版では、IoT(モノのインターネット)データのリアルタイムでの可視化に対応した。モノやセンサーなどのIoTデータとシームレスにつなぐためのリアルタイム用API(Application Program Interface)を公開し、MQTT(IoTに適した通信プロトコル)にも対応する。

 MC-Web CONTROLLERとMotionBoardの連携により、工場のレイアウト図やチャートなどを使った、設備状態のリアルタイムモニタリングが可能になる。異常検知の精度向上だけでなく、生産計画とひもづけた稼働管理や、過去インシデントとの比較ができる保全管理、工程進捗別の原価管理など現場データを広く活用できる。大型モニターに表示すれば、現場の作業者が状況を共有することも可能だ。



MC-Web CONTROLLER(MCW-NX8-001 専用ボード外観)




ダッシュボードイメージ


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/