ものづくりニュース by aperza

最新ロボットハンド5選!割れやすい卵や丸い棒もつかめる驚異の技術

最新ロボットハンド5選!割れやすい卵や丸い棒もつかめる驚異の技術

寸法や形が決まっていて、比較的硬めのものを掴めるのは当たり前。

これからのロボットは、個体差があり、柔らかかったり、脆かったりするものをいかにつかんで運べるかが勝負です。

そこで今回は、卵やパンを優しくつかめるロボットハンドをご紹介!

1.Soft Robotics 卵をつかんでピックアンドプレイス

スクリーンショット 2017-06-26 3.11.38

エアーを使ったハンド。見ての通り、割れやすい卵もしっかりつかんで運べます

※動画はこちら

2.Soft Robotics 袋に入ったパンをつかむ

スクリーンショット 2017-06-26 3.15.54

こちらもSoft Roboticsのエアーハンドです。クシャッとなる袋も運べます

※動画はこちら

3.Festo のタコ足ハンド

スクリーンショット 2017-06-26 3.18.51

丸い棒もタコの足のように形にならってしっかりつかめます

※動画はこちら

4.Festoのカメレオンの舌ハンド

スクリーンショット 2017-06-26 3.48.54

こちらもFesto。カメレオンの舌をモチーフにしたフレキシブルシェイプグリッパー。形の違う色々なものもつかめます

※動画はこちら

5.静電気の力を使った画期的なハンド

スクリーンショット 2017-06-26 3.37.42

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)が開発。
薄い2枚の電子基板に電流を流して静電気を発生させ、その付着力を生かしたハンド。

※動画はこちら

【番外編】3DプリンタとDIYで作れる超お手軽柔らかハンド

スクリーンショット 2017-06-26 3.22.12

3Dプリンタで作ったヒトデ型の樹脂パーツの真ん中にモーターを取り付け、指先から糸を通してモーターと結ぶだけ。モーターが回転すると糸が引っ張られて握る形になります。シンプルですが、こんな簡単に作れてしまうんですね。

※動画はこちら

協働ロボットの次は、ソフトなハンドの時代が確実にやってきます。

用途が広がるためには、人間の手のような柔らかさと自由度が必要。

こうした技術をいち早く取り入れ、どんどんいろんな分野に広げていって欲しいですね。


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ