ものづくりニュース by aperza

日立ソリューションズ東日本が新たな需要予測ソフト、スポーツ用品やアパレ...

2016/11/1 IT media

日立ソリューションズ東日本が新たな需要予測ソフト、スポーツ用品やアパレル向け (朴尚洙,[MONOist])

 日立ソリューションズ東日本は、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」(2016年6月22〜24日、東京ビッグサイト)において、需要予測・需給計画ソフトウェア「Smoothie(スムージー)」を展示した。

 同社は需要予測や発注計画に用いるソフトウェア「SynCAS」の最新バージョン「SynCAS 3.0」を2016年3月に発表している。SynCAS 3.0は、発注頻度が日次から週次と高く、納入リードタイムも短い、家電・機械製造メーカー、小売業、卸売り業、消費財製造メーカー、家電・機械保守サービス業向けとなっている。

 これに対してSmoothieは、発注頻度は週次から月次レベルで、納入リードタイムが数週間〜数カ月と長い業種向けとなる。例えば、季節ごとにトレンドを予測して製品開発と生産を行うスポーツ用品やホビー用品、アパレルなどだ。海外製品を国内で販売/国内製品を海外で販売する商社や事業部門も対象となる。



「Smoothie」による需要計画の画面例。2016年1月までの実績では需要と供給にギャップがあるが、それ以降はそのギャップをなくす方向に調整されている

 SynCASが日立ソリューションズ東日本の自社開発であるのに対し、Smoothieは米国のDemand Worksが開発したソフトウェアである。国内向けの日本語化と販売を日立ソリューションズ東日本が担当している。なお、北米では約360社の導入事例があるという。

 「需要予測や需給計画、発注計画のやり方は業種によって特性が異なる。SynCASだけでなくSmoothieも展開することで、広範な業種に対応していきたい」(日立ソリューションズ東日本の説明員)としている。



>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/