ものづくりニュース by aperza

改善の真髄|元トヨタマンの目

改善の真髄|元トヨタマンの目

トヨタのエンジン工場の加工現場で40年勤められ、もうすぐ定年を迎えられるⅠさんからこんな話を聞いた。

 

「トヨタの現場の人間は自分の仕事にすごいプライドを持っている。私もそうだった。

私も若かったある日、駆け出しの技術員が『Ⅰさん、ラインをこんな風に変えてみたいんだけど協力してくれませんか』といってきた。

私は即座に『ここのラインのことはこの俺が一番分かっているんだ。そんなことやっても無駄だ』といって追い返した。

 

その後、何度も何度も頭を下げて頼んで来るし、上司やなんかからも『いっぺんやってみてくれんかねえ』と言われたりもしたんで、うるさくなって『しかたないなあ。いっぺんだけだぞ』ということでやらしてみた。

そうしたらどうだろう。いつもサイクルタイムの終わりごろには、急いで作業をしていたのが、そんなことしなくても楽にやれるようになってしまった。

これには正直驚いた。

 

そして次からはあの技術員が何か言ってきたら、私としては意味がないと思ったとしても、まずは文句を言わずにやってみることにした。

そうするとその都度、自分の作業がだまされたように楽になっていった。

このようなことを繰り返していると、こんどは自分で作業をしながら、もっと楽にできる方法はないだろうかと考えるようになっていた」

 

このⅠさんの言葉に改善の真髄を見た思いがした。

定年を迎える方にこのような含蓄のあることを言わしめるトヨタとは本当にすごい会社だと再認識させられた。

元トヨタマンの目
トヨタ生産コンサルティング株式会社


豊田生産コンサルティング株式会社代表取締役社長◎略歴 昭和30年(1955) 愛知県豊橋市生まれ 昭和53年(1978) 早稲田大学商学部卒業トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社 平成16年(2004) トヨタの基幹職チャレンジ・キャリヤ制度(他社への転出支援制度)によりトヨタを退職(退職時資格は課長級) オーエスジー株式会社オーエスジープロダクションシステム推進本部副本部長就任 消耗性工具(ドリル・タップ・エンドミル)専門メーカーで自動車関連以外の業種の現場改善活動に従事。 平成19年(2007) 豊田生産コンサルティング株式会社設立◎トヨタでの職歴(26年)人事部人事課海外関係人事 3年/財務部経理課輸出入経理、国内債権債務管理 3年/本社工場工務部原価グループ鍛造工場能率・製造予算管理、工場棚卸総括 3年/本社工場工務部生産管理室車体・塗装・組立工場生産管理 4年/米州事業部原価企画グループ北米事業体原価管理、北米生産車原価企画 3年/田原工場工務部原価グループ成形工場能率・製造予算管理、トヨタ生産方式部課長自主研 2年/田原工場工務部生産管理室エンジン・鋳物工場生産管理、トヨタ生産方式部課長自主研 8年◎本社部門(人事・財務・原価企画)9年、工場部門(本社工場・田原工場)17年と本社機能、工場機能のそれぞれを幅広く経験。特に工場では生産管理と原価管理という「石垣」づくりとトヨタ生産方式自主研メンバーとして「天守閣」づくりの両方に長年従事。