ものづくりニュース by aperza

売電金額は年間7.3億円、広島県に出力18MWのメガソーラー (陰山遼...

売電金額は年間7.3億円、広島県に出力18MWのメガソーラー (陰山遼将,[スマートジャパン])

 不動産開発事業を手掛けるプロスペクトは2016年6月1日、九電工、JFEエンジニアリング、ユニ・ロットと共同で、広島県東広島市で出力18.68MW(メガワット)のメガソーラーの建設を開始したと発表した。4社共同で匿名組合への出資を行い、これを通じてKPJU東広島合同会社が事業主として建設を進める。

 事業総額は約70億円で、匿名組合の出資総額は約13.3億円。匿名組合への出資比率は、九電工が45%、プロスペクトが40%、JFEエンジニアリングが6%、ユニ・ロットが9%としている。なお、開発資金として、みずほ銀行を幹事行とするプロジェクトファイナンスを組成し、同年5月30日付けで一部融資を実行した。

 開発するメガソーラー「KPJU東広島太陽光発電所」は、広島県東広島市志和町に建設する。敷地面積は113平方メートルで、約11万枚の太陽光パネルを設置する。年間の発電量は2052万4000kWh(キロワット時)を見込む。これは一般家庭約5700世帯分の使用電力量に相当する発電量だ。

 運転開始時期は2018年7月となる予定で、発電した電力は1kWh当たり税別36円で売電を行う。売電金額は20年間の平均で年間約7.3億円(税別)を見込んでいるという。20年間の運用保守は九電工が担当する。

 プロスペクトは新規事業として以前からメガソーラー事業を推進している。今回新たに発表した発電所を含め、現在全国7カ所でメガソーラー案件を進めている(図1)。


スマートジャパン」は、日本各地の企業・自治体にとって喫緊の課題である電力の有効活用と安定確保に向け、節電・蓄電・発電のための製品検討や導入に役立つ情報を提供します。企業や自治体の総務部、システム部、店舗運営者、小規模工場経営者などの方々に向けて、電力管理や省電力化を実現する製品情報、導入事例、関連ニュースをお届けするほか、製品カタログや利用ガイドなども掲載していく予定です。 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/