中高生が企業からのテーマに挑む! Curio SchoolがMono-...

中高生が企業からのテーマに挑む! Curio SchoolがMono-Coto Innovation開催

株式会社Curio Schoolは、企業が提示するリアルなテーマ課題に対して中高生がアイデアを考え、プロトタイプを製作し、解決に挑むコンテスト「Mono-Coto-Innobation(モノコトイノベーション)」を東京・山形・京都の3都市で開催することを発表した。

参加企業とそれぞれのテーマは下記のとおり。プロトタイプの地方決勝を経て、全国大会決勝が2017年4月1日に日本科学未来館にて開催される。優勝チームにはシリコンバレーツアーが贈呈されるという。

■東京大会
・富士通デザイン株式会社
 パーソナルコンピュータの再定義
・コクヨ株式会社
 日ごろの小さな不満を解決する文具
・クロステックスポーツ株式会社
 中高生のスポーツ部活動の場で欲しくなるモノ

■山形大会
・株式会社IBUKI
 キャンプでもやりたい!キャンプだからこそ使いたい!そんな○○
・株式会社でん六
 同年代(中高生)が食べたくなる・手に取りたくなる豆菓子
・後藤電子株式会社
 振動エキサイターを用いた次世代型スピーカー
・Spiber株式会社
 新しいカリキュラムの創造

■京都大会
・日本電産株式会社
  回るもの、動くもので、世界中の中高生にワクワク・ドキドキを
・パナソニックES 住宅設備株式会社
  中高生の皆さんがお風呂が楽しくなるモノ・コト
・京都機械工具株式会社
  あなたの能力を進化させるツール( モノ+ アプリ)

<昨年大会ダイジェストMovie>

出展:企業からのリアルなテーマに中高生が本気で挑むMono-Coto Innovation !2016 年は東京・山形・京都の3 都市で拡大開催決定!(京都大会)


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。