ものづくりニュース by aperza

三菱自の新開発小型ミニバンはSUVテイスト、2017年10月にインドネ...

2016/11/1 IT media

三菱自の新開発小型ミニバンはSUVテイスト、2017年10月にインドネシアで生産 (朴尚洙,[MONOist])

 三菱自動車は2016年8月4日、「インドネシア国際オートショー2016」(一般公開日:2016年8月12〜21日)で世界初公開する、7人乗車が可能な小型MPV(多目的車両)のコンセプトカーの概要を発表した。車両名称は「MITSUBISHI XM Concept(以下、XM Concept)」で、同社が得意とするSUVの力強さとMPVの多用途性を融合したという。同コンセプトを採用した新型車は、2017年から稼働するインドネシア新工場(西ジャワ州ブカシ県)で同年10月に生産を始める計画だ。



小型MPVのコンセプトカー「MITSUBISHI XM Concept」(左)の外観。「東京モーターショー2015」で披露した電気自動車SUV「MITSUBISHI eX Concept」とデザインがかなり似ている(右) 出典:三菱自動車

小型MPVのコンセプトカー「MITSUBISHI XM Concept」(左)の外観。「東京モーターショー2015」で披露した電気自動車SUV「MITSUBISHI eX Concept」とデザインがかなり似ている(右) 出典:三菱自動車

 XM Conceptは、レイアウトの最適化とワイドボディの採用により、7人がゆったりくつろげる居住空間を確保。同社が得意とするSUVらしいスタイリングや機能を融合させ、「安全に、快適に、楽しく移動できる、インドネシアの大家族に最適なクロスオーバー小型MPV」がコンセプトになっている。車両名称のXMは、コンセプトの「Cross(X)-over MPV」からXとMをとって命名された。

 フロントフェイスには、2015年4月発表の「アウトランダー」から導入を広げている、人とクルマを守る機能を表現したデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用した。ボディ側面には、エッジの効いた彫刻的なキャラクターラインと大きく張り出したフェンダー形状を採用してSUVらしい力強くスポーティーな印象としながら、デッキフォワード化によりフードからルーフへと続く流麗なラインを後方に向かって緩やかに落とし、リアクォーターピラーの後端を抜くことによって、伸びやかなキャビンを表現してMPVらしいスタイリングを実現している。



「XM Concept」と同様に「ダイナミックシールド」を採用した量産車。2015年4月から販売している「アウトランダー」(左)、2015年秋からタイなどで販売している「パジェロスポーツ」(右) 出典:三菱自動車

「XM Concept」と同様に「ダイナミックシールド」を採用した量産車。2015年4月から販売している「アウトランダー」(左)、2015年秋からタイなどで販売している「パジェロスポーツ」(右) 出典:三菱自動車


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/