ものづくりニュース by aperza

バーコード読取ソフトウェア

バーコード読取ソフトウェア

概要

今まで、バーコードを読み取るにはバーコードリーダを使用する必要があった。

それは、CCDスキャナやレーザスキャナ等の特殊な光学系とバーコードを解読するための専用CPUが必要であったからである。

しかし、今日、パソコンの処理能力は、昔の画像処理装置並になっていることから、イメージスキャナやデジタルカメラでバーコードイメージを取得しさえすれば、パソコンでバーコードを容易に解読できるようになった。

 

これは、バーコード読取が、高価なバーコードリーダでなく、安価な汎用コンピュータ周辺機器で可能になることを意味し、バーコードシステムを安価に構築するEasy Barcodingのコンセプトに最適なソリューションと言える。

高い読取率で連続読取

イメージスキャナによるバーコード読取は、CCDスキャンやレーザスキャンのようなラインスキャンによる読取方式より高い読取率を確保し易い。なぜなら、読取場所をバーコード全面にわたって少しずつ動かすことにより、傷や汚れを避けて読み取ることができるからである。

また、イメージ読取は、バーコードばかりでなく2次元シンボルも読み取ることができる。

また、バーコードリーダは、1回のトリガーで1つのバーコードを読み取るが、イメージスキャナやデジカメを使用した場合は、複数のバーコードイメージをパソコンに一端保存し、後で連続読み取りすることもできる。

 

バーコードとイメージを同時に保存

読み取ったバーコードデータは、テキスト形式またはCSV形式で出力するので、アプリケーションに簡単に取り込むことができる。

また、取得した画像データは、BITMAP、JPEG、TIF等のファイル形式で保存することができる。

更に、保存の画像ファイル名にバーコードデータを使用することにより、ドキュメントと電子ファイルの紐付けが容易になる。

 

幅広いアプリケーション

宅配伝票、商品券、振込用紙、チケット、納品書、カンバン等のバーコード付ドキュメントの読み取りに最適である。

また、受領書のサインや印影、検査記録、カルテ、X線フィルム等の読み取り野場合、サインや印影、ドキュメント、写真等の画像データを取得すると同時に、その画像を読み取ったバーコードデータのファイル名や連続番号で保存できる。

 

バーコード読取ソフト ImageStar

バーコード読取ソフトウェアImageStarは、スキャナで読み取った画像からバーコードを解読するためのソフトウェアである。

複数シンボルの読取範囲の設定や保存先の指定ができる。

アプリケーションに組み込みし易くするために、Barcode.DLL、DataMatrix.DLL、QR Code.DLLも用意している。

 

更に、携帯電話やデジタル複写機への組み込みのために、読取エンジンのソースコードでの提供も行っている。

スクリーンショット 2017-01-16 18.22.38

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。