サンディスク、車載・産業用IoT向けフラッシュメモリ拡充

サンディスク、車載・産業用IoT向けフラッシュメモリ拡充

サンディスクは、 新しいスマート機能を搭載した車載用フラッシュストレージソリューション「SanDisk Automotive」シリーズと産業用フラッシュストレージソリューション「SanDisk Industrial」シリーズを4月から出荷開始する。

サンディスクの車載用フラッシュストレージソリューションは、 「コネクテッドカー」独自の要件に合わせて最適化された車載グレードのSDカード。 産業用フラッシュストレージソリューションは、 高い耐久性と信頼性が要求されるアプリケーション向けに設計された産業グレードのSDカードおよびmicroSDカードとなる。

両シリーズは、 新たにメモリーヘルスステータスモニター、 OEMカスタマイズ機能などのスマート機能の追加により信頼性が向上。  OEMメーカーは、 データインテンシブな車載環境および産業環境において、 より優れたストレージ管理を実現できる。

サンディスクのコネクテッドソリューション担当シニアディレクターのオデッド・サギーは、 「IoT(モノのインターネット)は、 この10年で自動車および産業市場に最も大きなインパクトと新たなコネクティビティの機会を創出すると同時に、 一方でIoTによって生成されるデータの保存、 処理、 管理の方法について新たな課題も生まれています。 今回発表するサンディスクの車載用および産業用フラッシュストレージソリューションは、 優れた信頼性とパフォーマンスに加え、 OEMメーカーがストレージを最大限に活用できるスマート機能を備えており、 両市場のコネクテッド・アプリケーション向けの理想的なソリューションとなるでしょう」と述べている。

製品の詳細はこちら


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ