ものづくりニュース by aperza

「Obbligato III」でBOMとBOPの統合管理が可能に、Io...

2016/11/1 IT media

「Obbligato III」でBOMとBOPの統合管理が可能に、IoT活用で生産効率も最大化 (朴尚洙,[MONOist])

 NECは2016年6月10日、PLMツール「Obbligato III(オブリガート スリー)」の新バージョン「Obbligato III R4.1(以下、R4.1)」を発表した。ライセンス価格は最小構成で360万円から。2016年12月から出荷を始める。販売目標は今後3年間で150社である。

 R4.1は、これまでの部品の種類や数量といった製品構成情報(BOM:Bills of Material)に加え、製造工程/使用設備などの製造プロセス情報(BOP:Bills of Process)も管理できるようになった。これにより、製造ナレッジ(工程表や作業指示書など)の共有/継承を促進できるとしている。

 BOMとBOPの統合管理によって、仕様変更や不具合の際に、部品だけでなく、工程や設備も含めた影響範囲を迅速に特定し、対処が可能になる。一貫したモノづくりの品質を確保できるので、グローバル製造拠点の迅速な立ち上げ/生産移管にも役立つ。

 さらに、IoT(モノのインターネット)によるセンサーなどからのリアルタイムな生産実績とBOPとの差異を分析し、ライン構成や設備の設定条件などが最適になるようBOPを継続的に改善することで、製造現場のパフォーマンスの最大化も果たせるという。

「Obbligato III R4.1」は、BOMとBOPの統合管理、IoT活用で得たリアルタイムな生産実績とBOPの差異分析により、製造現場のパフォーマンスの最大化を果たせる。BOM/BOPと連携するSCM/MESはIFSの「IFS Applications」を用いる 出典:NEC

 加えて、医療機器メーカーに求められる、米国食品医薬品局(FDA)が制定した品質システムに関する米国連邦規制「21 CFR Part820」に対応するため、苦情や予防措置の管理機能などを新たに追加した。

 なお、NECは、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」(2016年6月22〜24日、東京ビッグサイト)において、Obbligato III R4.1を紹介する予定だ。

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/