ものづくりニュース by aperza

「オデッセイ ハイブリッド」はモーターを23%小型化、超低床の車台に対...

2016/10/31 IT media

「オデッセイ ハイブリッド」はモーターを23%小型化、超低床の車台に対応 (朴尚洙,[MONOist])

 ホンダは2016年2月4日、3ナンバーミニバン「オデッセイ」「オデッセイ アブソルート」に2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD(以下、i-MMD)」を搭載するハイブリッドモデルを追加し、同年2月5日に発売すると発表した。7〜8人乗り、排気量1.8l(リットル)以上のエンジンを搭載し、全高が1600mm以上のミニバンでトップとなるJC08モード燃費26.0km/lを達成した。税込み価格は、オデッセイのハイブリッドモデルが364万6400〜402万6400円、オデッセイ アブソルートのハイブリッドモデルが378万〜405万6400円。月間販売目標台数は、併せて一部改良したガソリンエンジンモデルを含めて2000台。

「オデッセイ」のハイブリッドモデルの外観 出典:ホンダ
「オデッセイ」のハイブリッドモデルの外観 出典:ホンダ


「オデッセイ アボソルート」のハイブリッドモデルの内装 出典:ホンダ
「オデッセイ アボソルート」のハイブリッドモデルの内装 出典:ホンダ

 2013年11月にフルモデルチェンジしたオデッセイは、競合他社の3ナンバーミニバンよりも100〜200mm低い1695mmという全高を実現しつつ、広い車室内空間を確保するために超低床プラットフォームを採用した。

 今回のハイブリッドモデルでは、3ナンバーミニバンであるオデッセイにふさわしいハイブリッドシステムのi-MMDについて、この超低床プラットフォームに組み込むための小型化を行った。まずモーターについては、巻線方式と構造を刷新することで、従来のi-MMDと比べて約23%の小型/軽量化しつつ、大トルク/高出力化も実現した。i-MMDを初採用した「アコード」の場合、モーターは最高出力124kW/最大トルク307Nmだったが、オデッセイでは最高出力135kW/最大トルク315Nmとなっている。

「i-MMD」のモーター性能比較。「アコード」と比べて小型軽量化しながら大トルク/高出力化も実現 出典:ホンダ


「オデッセイ」のハイブリッドモデルのエンジン/モーター(左)と従来「i-MMD」のエンジンとの性能比較(右) 出典:ホンダ
「オデッセイ」のハイブリッドモデルのエンジン/モーター(左)と従来「i-MMD」のエンジンとの性能比較(右) 出典:ホンダ

 排気量2.0lのアトキンソンサイクルエンジンも同様に性能向上しており、アコードは最高出力105kW/最大トルク165Nmだったが、オデッセイでは最高出力107kW/最大トルク175Nmに向上している。

 リチウムイオン電池は、1列目シート床下にコンパクトに配置し、オデッセイならではの広い室内空間や使い勝手に影響が出ないようにした。

「オデッセイ」のハイブリッドモデルにおける「i-MMD」の構成 出典:ホンダ
「オデッセイ」のハイブリッドモデルにおける「i-MMD」の構成 出典:ホンダ


「オデッセイ」のハイブリッドモデルが採用する「i-MMD」の走行モード。モーターだけで走行するEV走行モードを重視したハイブリッドシステムである 出典:ホンダ

「アルファード/ヴェルファイア」との争いは厳しい

 今回オデッセイにハイブリッドモデルが追加投入されることになったが、月間販売目標台数は2000台にすぎない。2013年11月のフルモデルチェンジでは月間販売目標台数を4000台に設定していただけに、競合である「アルファード/ヴェルファイア」との争いが厳しい状況にあるとみられる。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/